関西電力の管内でも、現在稼働中の原子力発電所は大飯原子力発電所のみになっています。
ましてやほかの原子力発電所はというと、活断層の恐れがあったり、地元の理解を十分に得られなかったりと、再稼働のめどはまったくありません。
一時的には火力発電に依存しながらも、しだいに自然エネルギーの活用の幅を広げることが必要になってくるのが確実です。
何よりも一般家庭では、電力の高騰に備える必要があります。
節電効率の高い家電製品を購入したり、現在よりも一層の節電をしなければ、電力の高騰でかなりの出費になってしまいかねません。
東住吉区でも、今後の電力の高騰に備えようとする家庭の動きが非常に闊達になっています。
そのなかでも特に注目されるのが太陽光発電です。
少し前までは、太陽光発電を自宅でしているのは、かなり環境意識の高い家庭だけでした。
太陽光パネルを設置するよりも、普通に電力を購入したほうが安くついていました。
しかしこれからは、太陽光発電の必要性が高まっています。
以前よりも補助金を活用したり、設置後も余剰電力を電力会社に買取をしてもらうことで、おもいのほか手軽に設置できるようになってきています。
それだけに太陽光をよく受ける方向に屋根が向いていて、一定の頑丈さを保っているのなら、東住吉区でもぜひ太陽光発電に乗り出したいものです。
太陽光発電そのものには蓄電能力はありませんので、日中のみの電力の利用に限られます。
電力を夜間まで利用するかどうかでプランを検討したいものです。
また太陽光発電は、自宅で完結する発電方法です。
それだけに万が一の停電や災害の時でも、貴重なライフラインとして活用できるようになるはずです。
普段は自然エネルギーとしてよりクリーンな方法で発電した電力の使用ができます。
それに加えて万が一の時の防災対策も担ってくれるので、家庭で太陽光を利用した発電を積極的に取り入れる価値は非常に大きなものだといえます。