Archive for the ‘太陽光発電とお金の関係’ Category

吹田市では、最近新たにできる賃貸住宅に太陽光発電を設置するオーナーさんが増えています。
どんなメリットが期待できるのでしょうか?
ここでは賃貸住宅の共用部分に太陽光発電を利用する場合と入居者それぞれの自宅で利用してもらう場合を見てみましょう。
まず、発電した電力を賃貸住宅の廊下やエントランスの照明など共用部分に利用する場合のメリットについて紹介します。
発電は昼間しか行われませんが、賃貸住宅の共用部分ではエレベーターなどがない限り、昼間はほとんど電力を使う用途がありません。
そのため、発電した電力のほとんどを売電することができ、家賃収入にプラスされる大きな収益源になります。
では、入居者の各住戸に電力を供給した場合はどうなるでしょうか?
この場合、発電した電力の利用も余剰電力の売電も、各入居者が行うことになり、オーナーへの売電収入は入りません。
その分、入居者各人が電気代の節約や、売電収入による家計の収入増、万が一の停電時には自立運転機能で非常用電源が確保できるなどの大きなメリットを得られます。
多額の費用をかけて自らシステムを設置しなくても、これだけのメリットを得ながら安心のエネルギーを利用できるので、入居者は近隣の家賃相場より少々高くでも、喜んで入居してくれます。
そのため、オーナーのメリットとしては家賃を従来より値上げして収益増を見込めるほか、他の物件と差別化でき、入居率のアップや空室リスクの低減メリットが得られます。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>