二酸化炭素などの温室効果ガスの排出による地球温暖化が問題となってきています。
そのため、世界各国では温室効果ガスの排出規制に取り組んでおり、日本国内でも国や自治体が、温室効果ガスの排出量削減の計画を実施しています。
そして、温室効果ガスの削減に役立つのが、太陽光発電です。
太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを電力に変えるため、非常にエコロジーな発電方法といえ、発電時に二酸化炭素を発生させないため、地球温暖化の防止につながります。
八尾市では、市内の住民が新たに太陽光発電システムを住宅に設置する際に、申請により補助金を支出しています。
その理由として挙げられるのが、システム設置に対して必要となる費用が高額であることです。
補助金を支出することで、費用負担を軽減して、システムを導入する家庭を増やすことが狙いです。
実際に、平成24年度では、960万円の補助金枠でしたが、すぐに申し込みが殺到して締め切られました。
このように、補助金の反響はとても大きく、住民が太陽光発電に対して関心を寄せていることがうかがえます。