太陽光発電システムは、標準的なサイズの住宅に設置する場合でも通常150万円以上という高額な初期費用が必要なシステムですが、自動車や住宅、家電製品のような消費財とは全く性質の異なる生産財、資産を生み出す設備という位置付けになります。
ですから、箕面市でこれから太陽光発電システムの設置を検討される方は、初期費用の金額の大きさだけに注目するのではなく、設置後に支払額が大幅に少なくなる電気代や光熱費、売電により得られる収入金額も計算に含めて初期費用の支払い方法を検討されると良いでしょう。
夫婦が共働きをしており、お子さんが学齢期のご家庭が太陽光発電システムを設置されるケースでは、平日の日中はほとんど誰も自宅にいないので、日中太陽光発電システムが発電する電気の90パーセント近くを売電できると想定されます。
政府の施策である固定価格買取制度を最大限に活用可能なライフスタイルですから、売電により得られる収入を発電システムの初期費用の支払いに回すなら、かなり早期に初期費用の回収が可能でしょう。