大阪には東住吉区というところがあります。
大阪府のちょうど中心あたりに位置する地域になっています。
その大阪府の東住吉区についてなのですが、
これから太陽光発電の導入率が飛躍的にアップしていくのではないか、
ということが言われているのです。
太陽光発電が導入されるということは、導入した個人にもメリットがありますし、
社会に対してもクリーンエネルギーということで、
大きなメリットが存在しているものになっているのです。
そこで、これから太陽光発電の導入率がアップされるという理由なのですが、
なんといいましても東住吉区は住宅地が特に多くなっているのです。
区内のほとんどが住宅地となっているのです。
太陽光発電は最近では法人も行っているのですが、
個人宅で行っているところが多くなっています。
そういった意味からも、伸びていく可能性が高い地域になっているのです。
また東住吉区という特徴ではないかもしれませんが、
とにかく平地になっているのです。
東住吉区の大きな特徴としては、坂道がほとんどないといういことです。
標高が高くないということになります。
標高が高くなりますと、太陽光発電には適さなくなるのですが、
そういった心配が全くないのが大阪府の東住吉区になっているのです。
そして大阪といいましたら、値切るという印象が強いでしょう。
しかし、太陽光発電はなかなか値切ることができませんでした。
そういった意味でも、大阪ではあまり導入率がよくなかった原因になっているのです。
現在では、太陽光発電の販売はついに家電量販店に移ってきています。
家電量販店は値引きにも応じてくれるところもあります。
そういった地域性の後押しもありますので、
大阪府の東住吉区では太陽光発電の導入率がアップされるということが、
予想されているのです。
太陽光発電そのものは大阪人の気質にもあっています。
実益というものが多いにあるからです。
電気代のコストを苦々しく思っている方には、
大きな味方になってくれる可能性が高いのです。