近年、地球の温暖化が大問題となっており、その原因である二酸化炭素などの温室効果ガスの削減が世界中で要請されています。
そこで、日本においても、温室効果ガスの削減を進めるための政策を導入しています。
その一つとして、太陽光発電システムの家庭や企業での導入が挙げられます。
太陽光発電は、建物の屋上や敷地などに設置したソーラーパネルに太陽熱を当てることで、そのエネルギーを電力に変える発電方法です。
この発電方法では、二酸化炭素の排出をしないため、温室効果ガスの削減につながります。
ただ、この太陽光発電システムを設置するには100万円以上の費用がかかってしまうため、設置を見送る家庭もあります。
そのような潜在的な人たちのシステム導入を促進するために、自治体や国では補助金制度を設けています。
補助金を利用することで、設置コストの負担を少しでも減らす目的があります。
岸和田市でも、市内に住居を設ける人が、新たに太陽光発電システムを設置する際に、申請によって、補助金を支出する予算枠を設けています。
そして、この補助制度は、国の補助金制度と併用が可能なため、設置に対するコスト負担がかなり減ることになります。
岸和田市内の家庭で、この補助金を申請した家庭はとても多く、予算枠をオーバーする結果となりました。
このように、多くの市民が太陽光発電をはじめとする新エネルギーの導入に対して意識を持つことで、岸和田市は環境に配慮した街づくりを実現できます。