現在、太陽光発電の設置が一種のブームのようになっています。
太陽光発電の設置を後押しするのは、もちろん環境問題への意識の高まりもあるでしょうが、固定価格帯鳥制度と各種補助金の存在が大きいといえます。
大阪の高槻市に住む親戚から、太陽光発電を設置してみたいのだけれでも、施工業者に接触する前に、まず大体どのくらいの費用がかかるのか計算してみてくれないかと依頼を受けました。
設置に当たっては設備費用と工事費が必要であり、ここから補助金を減額します。
設備費用と工事費は現在、値下がりが続いているのですが、大体の費用ということで1kWあたり45万円と仮定しました。
次に補助金ですが高槻市の場合、国からと高槻市から補助金が支給されます。
その金額は前者が1kWあたり3.5万円、後者が1kWあたり2.5万円です。
4kWの太陽光発電のシステムを導入するとなると、設備費用と工事費の合計が180万円、補助金の合計が24万円になります。
ということで初期費用の概算としては156万円程度ということになりました。